SailBlogs
Bookmark and Share
umiaoi
日本対オランダ
06/24/2015

今カナダで女子のワールドカップサッカーが行われています。今日バンクーバーで日本とオランダの試合があると聞き、観に行ってきました。私の予想は2対1で日本の勝ちと思っていました。ところがロスタイムの時、キーパーのミスでオランダが得点し、結果2対1でした。観客は2万8千人で。ジョン曰く、2万人はオランダの応援だと言います。というのも、オランダが得点
した時、ほとんどが立ち上がって拍手したのです。でもカナダ人でも日本のユニホーム着ていたり、日の丸を持っていたりする人達もいて、嬉しかったです。私は発声練習のつもりで勿論大声援を送りました。今度はオーストラリアと対戦です。バンクーバーでなくエドモントンで行われます。ジョンの母国とわたしの母国。家庭不和になるかも。更に日本が勝てば、カナダと対戦することになる可能性大です。苦しい選択に迫られます。でもやはり日本を応援するかな。どうしよう。

06/23/2015

先週バンクーバーに戻ってきました。バンクーバーは暑くなく、寒くなく、天気はここが一番良い。今は2週間留守中に出来なかったことが溜まっていて追われています。写真はジョンと孫たち。

クートニイ地方
06/11/2015

クートニイ地方は第2次大戦中、日系人が多く住んでいました。日系人はカナダの敵国人なので、ブリッティッシュコロンビア州沿岸に住む日系人は土地も家も没収され、100マイル(160キロ)以上沿岸から離れた所に住まわされたのです。その当時の家がニューデンバーという小さな町に歴史保存で残されていて、見に行ったことがあります。簡素な掘立小屋で、2家族が住んだそうです。といっても、働き盛りの父親や若い男性は道路工事などで働かされ、キャンプで生活し、年寄りや女、子供だけが住んでいたと書いてあったと思います。以前知り合った日系人の年配の女性は、家族全員が一緒に住みたいと願ったため、更に遠いサスカチワン州やマニトバ州で慣れない農業をさせられたそうです。日系人は戦争が終わって、4年後の1949年にやっと沿岸に戻れました。戻っても、家は既に売られていて、農業をしていた人々の土地も、日系人に多かった漁師さんの船もなかったのです。自分の土地を買い戻そうとしても、日系人には売れないと断られた話もあります。本当に戦争は嫌ですね。私はこの平和な生活に感謝しています。写真はこの地に住むジョンの友人宅でもう一組の友人夫婦と合流し、過ごしと時のもの。今年は例年より暑く、蚊に悩まされました。気温は日中毎日35度くらいまで上がっていました。

オカナガン地方
06/10/2015

ハリソンホットスプリングス、メリットを経由してバーノンに着きました。オカナガンは、果物やワインが有名です。以前バーノンに来た時はとても静かなこじんまりした町だったのがずいぶん大きくなっていました。近くにあるケローナの町の喧騒を逃れて移動してきた人々が多いそうです。そのバーノンも大きくなり、更に静かさを求めて、バーノンを出て行く人々もいるそうです。私たちはバンクーバーから山を越え、谷を越え自然の中をドライブしてきたのですが、その間つくづく自分はシティガールだと思いました。ガールと呼ぶのはおこがましいけれど、人里離れた所や大自然の中では住めないと自覚しました。写真は車窓から見たオカナガンレイク。

ハリソンホットスプリングス
06/06/2015

ジョンの娘一家が住む内陸の街へ寄り道をしながら2週間の旅へ出ました。一番最初の寄り道はハリソンホットスプリングスです。温泉がありますが、温水プールです。といっても、今回は温泉に入りませんでした。20年以上前に来た時の印象も良くなかったし、あまりゆっくりする時間もなく。やはり温泉は日本が一番。

06/09/2015 | Yoshieakaiwa
確かに 温泉は日本が一番ですね(*^o^*)
20年前に行った時の事を思い出します。静かに ぼーっとしていたい時は、良いかも…🌿🌿🌿☕️
砂の彫刻展は、もう やって 無いのかしら?もう一度見たいです!
スノーバード(雪鳥)北に帰る。
05/04/2015

私たちは4月14日にカナダに戻ってきました。ラパスでは毎日プールで泳いでいましたが、バンクーバーに戻っったある日、みぞれが降り、雪のように積もったのにはびっくりでした。でも今はここも桜もチューリップも咲き終わり、春たけなわです。写真は夕暮れのラパスのマゴーテ湾に停泊しているボート。

ビーナス
海あおい
04/11/2015, ラパス

かのアップル社の創設者、スティーブ ジョブが注文したボート、ビーナス。総工費220億円という途方もない金額。大きすぎてマリーナに入れないので、すぐ横ボート用の給油所のドックに係留されている。まるでビルディングだ。満タンにするのに、2日かかるそうだ。中は勿論見たことがないけれど、素晴らしいのだろう。でも残念なことに、スティーブ ジョブはこのボートが完成する前に亡くなってしまった。今は彼の奥さんとボーイフレンドが使っているとのこと。いくらお金持っていても、死んだら何もならない。

Kuroda san
海あおい
04/10/2015, ラパス

ラパスの町を歩いていたら面白い看板を見つけた。お店らしいし、ドアも開いていたので中を覗くと、おじさんが長椅子に寝転がっていた。あなたはKuroda sanと聞くと、違うよとの返事。そしてスペイン語で何やら喋っていたけれど、残念ながら理解できなかった。看板と中に住んでいる人は関係ないようだった。ボートに戻ってからplomeriaの訳を調べたら水道屋さんだった。でももしKurodaさんがやっていたら、自分の名にsanはつけないか。面白いので早速 私の友達のKurodaさんに知らせよう。 この町に日系人の歴史があると思ったけれど、どうも違うようだった。今度日本人の女性がメキシコ人と結婚してレストランをやっているとのことで、食べに行くので聞いてみよう。

06/02/2015 | Kuroda-san
Kuroda-san行きました!祖先が日本人と中国人(San)。私が行った時は孫がいて、なんだかんだと話しできました。私も見た時おもわず車を停めて飛び込みました。ハハハ!
イースター
海あおい
04/06/2015, ラパス

先週末はイースターホリデー(復活祭)だった。学校はもちろん、個人商店などは閉めている所もあった。メキシコでは民族大移動のように、家族連れで旅行や日帰りであちらこちらへと出掛けるようだ。私たちのいるマリーナに接続しているリゾート施設のプールも沢山の子供たちと家族で賑わっていた。子供たちを避けて泳ぐかんじ。学校はまだ休みだが、大人たちは働くために、今日からは少し静かになるだろう。写真はイースターの40日前に行われたラパスのカーニバルの写真。ジョン曰く、こんなに沢山の美人がラパスにいたこと気がつかなかったと言う位、綺麗な女性たちが次々と登場していた。

今期最後のセーリング
海あおい
04/05/2015, ラパス

もう一泊の予定をしていたが、天気予報が芳しくないので一日早めに翌朝島を発つことにした。最後の日の夕焼け。今は無事戻ってきてマリーナで生活しています。

Older ]

 

 
Port: Vancouver
View Complete Profile »
 
 

 
Powered by SailBlogs