umiaoi

白鳥と海

21 August 2017
白鳥は白鳥の湖という有名なチャイコフスキーの音楽もあるように、今まで湖や運河で見かけた。けれど、今回ソルトスプリングアイランドという島にあるマリーナにいた時、初めて白鳥が海にいるのを見た。考えてみれば、人間も淡水、海水、関係なく泳ぐし、川魚、海魚も食べるし、白鳥が海にいてもおかしくない。私が勝手に思い込んでいたのだ。雛たちは大きいが、まだ羽毛が白くなっていない。英語ではニワトリの雛はチック、鴨の雛はゴスリン、で白鳥の雛は、教えてもらったが、忘れた。日本語の雛のように全部同じ言葉にしてくれれば良いのに。

3つの家と3つの仕事

16 August 2017
アメリカ人のセーラー達曰く、サンファンアイランド諸島で住む人は3軒の家を持っている人達か、3つの仕事を持っている人達だと言う。その意味はお金持ちでサンファンアイランド諸島に別荘を持つ人達は夏はここに来て、他にも2軒もしくはそれ以上かもしれないが、あちこちに家を持っているということ。片や3つの仕事を持っているというのはそれだけ仕事をしないと生活出来ない人々。夏は観光客が多いから仕事はあるが、冬の間の仕事とか、他にも収入を得るために働く必要がある。それで3つの仕事。貧しい人々は見かけないが、アメリカのお金持ちとのギャップが大きい。アメリカの有名な億万長者のウォーレン バッフェットが払っている税金より、彼の秘書が払っている税金の方が多いとも聞いた。お金持ちを優遇している税務体制なのだ。写真はフライデーハーバーで見た日昇。

セーラー仲間達

13 August 2017
私一人だけ用事があるので金曜日にフェリーでソルトスプリングアイランドからバンクーバーに3週間振りに帰ってきた。ジョンはまだメキシコで知り合ったアメリカ人のセーラー達と島で過ごしている。ロペス島から、サンファンアイランドのフライデーハーバー、ロッシェハーバー、そしてスチュアート島を最後にサンファンアイランド諸島を出て、カナダの島、ペンダー島に戻った。ペンダー島からソルトスプリングアイランドに来て、一時用事のためアメリカに戻っていた1組が再合流。また3組となる。今回、日中はハイキング、サイクリング、カヤックと毎日彼らと過ごした。そして夕食はレストランで食べたりもしたが、交代でそれぞれのボートでポットラック形式。色々な料理も楽しめた。3週間毎日、一緒に夕食をセーラー達ととったのは初めてだ。皆気さくで楽しい人々。天気も良かったし、素晴らしい経験だった。写真はその仲間達。

プライベートビーチ

02 August 2017
カナダではビーチはパブリック、公共。誰でもが歩けるし、使える。でもアメリカは違う。ロバートバンクもそうだったが、ここサンファンアイランド諸島もビーチはプライベートが多い。手書きの木札や立て看板でプライベートビーチ、通行禁止と書いてある。家が海に直接面していなくて、道路を一本隔てても同じ。一部にはパブリックアクセスと書いてある場所もある。サイクリングをして休憩した所がそうだった。プライベートビーチとビーチの間の狭い場所。でもビーチはやはり皆んなが使えた方がいい。

サンファンアイランド諸島

31 July 2017
7月23日にポイントロバートを出航し、ジョージア海峡を渡り、スイシャ島に到着。私たちの後からメキシコで知り合ったアメリカ人カップル2組もアナコーテやベリンガムから到着。今回はメキシコランデブーで、後もう1組合流してセーリングする。初日は私達と同じタイプのボートを持っているカップルのボートで再会を祝し、夕食を共にする。ポットラック形式で料理を楽しめた。その後も交代で毎日ホストボートを替え、ご馳走の日々。その間に移動もし、ジョーンズ島、ロペス島と来た。島ではハイキングをしたり、サイクリングをしたり。昨日1組のカップルが帰り、今日もう1組が去り、私達ともう1組だけとなった。楽しい時間は早く経つ。後10日間ほどセーリングを続ける予定。昨日からマリーナに来たので、やっとインターネットが使える。それも今日まで。明日から海にアンカーを下ろして滞在する予定。写真はスイシャ島でハイキングをした時に撮ったもの。

今年初めてのセーリング

22 July 2017
7月21日の早朝6時に出航し、アメリカのポイントロバートに午後2時に到着しました。8時間!のセーリング。車で来れば、1時間半もあれば着いてしまう所だけれど、海だと大回りしなければならないし、ボートは自転車のスピードより遅いのです。幸い、空は曇っていたものの、風は順風、 波穏やかな海でした。アメリカとカナダは北緯49度で国境となっているのですが、ポイントロバートは半島の先端にあり、そこだけ切り取られたようにアメリカとなり、税関があります。でも住んでいる人々は大半がカナダ人のようです。というのも、今日随分と歩いたのですが、家に止めてある車が、殆どブリティッシュコロンビア州のナンバープレートでした。ボートでポイントロバートに入る場合も税関で入国審査受けます。写真はその税関の事務所なのです。これからサンフアンアイランドの諸島を周り、私は8月上旬に1人でカナダのフェリーでバンクーバーに戻る予定。ジョンはのんびりセーリングを続けたいとのこと。

カナダ デー

03 July 2017
7月1日はカナダ建国記念日です。今年は建国150周年の記念の年でもあります。久しぶりに7月1日にバンクーバーにいるので、スタンレー公園の中にあるマリーナに置いてあるボートに泊まり、催し物や夜は花火が上がるので見に行きました。どこもすごい混雑。ここは夏の夜はなかなか暗くならないので花火の打ち上げも10時過ぎ。スタンレー公園の中では早々と席を確保している人々が多かったです。私たちは9時過ぎにボートを出ましたが、花火の打ち上げが遅れ、1時間は待たされました。花火は美しかったものの、新たな感動はなく。。。人混みの中で過ごした建国記念日でした。写真は花火を見に来た人々やボート。

アーチの謎

16 June 2017
ここは何百億年前は海底だったのが地殻変動で盛り上がり、その時の塩が雨などで溶け、岩のアーチを形作ったと聞きました。ここまで旅を思い出しながら写真掲載してきましたが、イエローストーン国立公園は写真沢山掲載してあるので、これで今回の旅の写真は終わりです。

歩行距離

16 June 2017
車に何時間も座りっぱなしでいることが多かったので、歩ける所は大いに歩きました。写真はアーチを見に行く途中の坂。

アーチズ国立公園

16 June 2017
ここは公園内に無料のシャトルバスはない。同じキャンプ場にいた人から駐車場が混むから朝早く行った方が良いとアドバイスされた。確かに時間が経つにつれて混んできた。写真はユタ州の車のナンバープレートに描かれているアーチの岩。下にポツポツ見えるのは人間。
Vessel Name: L'ange 1
Vessel Make/Model: Beneteau 411
Hailing Port: Vancouver
Gallery Error: Unknown Album [1:]:17953
L'ange 1's Photos -

Port: Vancouver