SailBlogs
Bookmark and Share
umiaoi
Vessel Name: L'ange 1
Vessel Make/Model: Beneteau 411
Hailing Port: Vancouver
Recent Blog Posts
13 January 2015 | ラパス、メキシコ
ボートでの料理は限られる。と言っても、パンやケーキをボートで焼く人達もいるので一概に言えない。私の場合、料理器具は中小の鍋2つとフライパン1つ。食器類はキャンプィングと同じようなプラスチックのお皿とコップ。朝はシリアル、お昼はサンドイッチで夜のみ料理する。このマリーナではBBQが禁じられているが、たまに夜陰に紛れてやっている。肉や魚を焼いたり、野菜炒め、ご飯かパスタ、サラダが定番メニュー。一週間に一度は夕食だけでなく、朝食や昼食も外食。歩いていける近くのホテルへカフェラテを飲みに行ったりしている。レストランにもよるが、値段はバンクーバーの半分か2/3の値段。写真のパン粉をつけて焼いた魚料理は165ペソ。ジョンが食べたパエリャは160ペソで食べきれず、持ち帰りをし翌日の夕食にしたが、それでも余った位。
07 January 2015 | ラパス、メキシコ
世界一、此のての型で大きいヨットが同じマリーナにきている。マストがホテルよりずっと高い。250フィートの長さで(80メートル以上)水面上から4,5階はあると思う。水面下に2,3階はあるのでは。とにかく大きい。私たちの ボートの何十倍もあるだろう。先日アメリカ人夫妻の60フィートのオーダーメードのパワーボート(帆がない船)を見せてもらった。3階建ての感じ。操舵室はまるで飛行機の操縦室みたいで、モニターが3つもあり、同時にナビ、レーダーあともう一つ見ることが出来る。エンジンルームは我がボートのリビングルームよりデカイ。リビングルームも広い。キッチンはグラナイトのカウンタートップで冷凍冷蔵庫は壁のチェリーの材質と合わせている。広いシャワールームはもちろんのこと、バスタブがあるのは驚きだ。でも私には何と言っても洗濯機と乾燥機があるのがいい。ここではランドリーで全部やってくれるが、下着類は自分で手で洗っている。そしてボートに干している。下着が人に触れられるのもイヤだし、全部一緒にまとめて洗われるのも抵抗ある。多分あのパワーボートは3億円か4億円するのではないか?それではあのスーパーヨットは?上を見るとキリがない。
06 January 2015 | ラパス、メキシコ
写真逆さまでなくて良かった。
06 January 2015 | ラパス、メキシコ
写真が逆さまになってしまう。どう直すのかわからない。これはちゃんとなっていて良かった。
06 January 2015 | ラパス、メキシコ
町の展示室を覗いたら、刺繍展だった。メキシコらしい図柄と色使いで美しい。それぞれタイトルが付いている。結婚とかサーカスとか雨乞いなど。かなり大きく、製作時間もかかったと思う。写真をたくさん撮ってきた。
01 January 2015 | ラパス、メキシコ
年が明けて2015年。1月1日は静かだ。メキシコ人はきっと夜通し騒いで今日は寝ているのかもしれない。昨夜は11時過ぎから午前3時ごろまでマリーナに併設されているホテルでバンドと歌の演奏もあった。幸いになかなか上手でベッドの中でまどろみながら楽しめた。喧しいだけの音楽だと手に負えない。毛布にもぐって、ひたすら早く音楽が終わるのを祈らなければならない。こういう体験が何回もある。メキシコ人は音楽を最大ボリュームで聴く、又は聞かせたいみたいだ。ボートは通気のため窓を開けているので、音は容赦なく入ってくる。毎日マリーナから青い海と白い砂浜、椰子の木など南国的な風景を見ている。が、寒い!!泳いでいる人も中にはいるが稀だ。さすがに日本やバンクーバーのように寒くないけれど。今夜からまた北風が強く吹く予報だ。もっと南下して行くと、もう皆泳いでいるのだけれど、当分このラパスにいる予定だ。写真は1月1日の静かな海。
18 November 2014 | バンクーバー
11月になった途端、大雨が降った。それで長靴を買ったのだが、それ以来晴天が続いている。気温は日中5度前後。この頃、毎朝霜が降りている。色鮮やかだった紅葉も、一週間前の強風で吹き飛ばされ、ドカーンと地面に落ちて枯葉となり、木は裸木になってしまった。本来は11月2日にメキシコに行くはずだったが、事情あり12月23日に伸びた。冬のバンクーバー、今日も寒かったけれど頑張って球根をベランダに植えました。春に咲くかな~。
04 November 2014 | バンクーバー
[...]
26 September 2014 | Vancouver
How to fill in your time while waiting to return to Mexico
23 September 2014 | バンクーバー
今年の夏の天候は素晴らしかった。暑すぎず、寒すぎず、晴天も続いた。ボートのない夏は3度目だが、陸の上でも大いに楽しめた。遠出しなくても、バンクーバーの近場にはいろいろ楽しめる所もある。今年は特にゴルフに力を入れた。昨年から始めたばかりだけれど、だんだん面白くなってきた。若い頃は全然興味なかったし、つい最近までゴルフやり終えた後のビールの方が楽しみだった。それが今はゴルフも楽しくなった。少し上達はしたけれども、相変わらず空振りはするし、スコアーも悪い。でも、ボールが遠くへ飛んでいく爽快感がいい。値段も2500円から5000円くらいで9ホールまたは18ホールのコースでプレイ出来る。ただ、もう秋となり雨が降り出した。バンクーバーの夏も、終わりだ。写真はバンクーバーから2時間弱で行かれるウィスラーの頂上から撮ったもの。